価格

法人向けクラウドストレージの価格は、プロバイダーによって異なります。

一般的には、ストレージ容量やユーザー数、オプション機能の有無などに応じて価格が設定されます。

一部のプロバイダーでは、利用期間によって割引を提供するなど、契約条件によって価格が変動する場合もあります。

企業向けの大規模なストレージや、高度なセキュリティ機能を提供するプランなどは、より高額な価格帯になる傾向があります。

クラウドストレージの価格を決める要素

容量

法人向けクラウドストレージの価格を決める要素の一つに、ストレージ容量があります。

企業が必要とするストレージ容量は、業種や業務内容、データの種類によって異なります。

一般的に、大容量のストレージを必要とする企業ほど、月額料金が高くなる傾向があります。

また、一部のプロバイダーでは、ストレージ容量に応じたプランを提供しており、必要なストレージ容量に応じて価格を設定する場合もあります。

容量によって価格が変動するため、必要な容量を事前に把握して、適切なプランを選ぶことが重要です。

企業がストレージ容量を増やす場合には、追加料金が発生することがあるため、契約期間中に必要な容量を見積もり、契約することが望ましいでしょう。

法人向けクラウドストレージの
容量別の価格を見てみる

ユーザー数

法人向けクラウドストレージの価格を決める要素の一つに、ユーザー数があります。

ユーザー数が増えるほど、利用するストレージ容量が増える可能性があり、それに応じて価格が上昇する場合があります。

一方で、ユーザー数が多くなっても利用するストレージ容量が変わらない場合もあります。

また、一部のプロバイダーではユーザー数に応じたプランを提供しており、ユーザー数が増えても価格が同じであるという場合もあります。

企業向けのプランでは、ユーザー数によって利用権限を分けることができるため、必要なユーザー数に応じて価格を設定する場合もあります。

法人向けクラウドストレージの
ユーザー数別の価格を見てみる

オプション機能

オプション機能には、セキュリティ機能やバックアップ機能、共同編集機能、API連携機能、カスタマイズ機能などが含まれます。

企業が必要とするオプション機能は、業種や業務内容、データの種類によって異なります。

一般的に、高度なセキュリティ機能やバックアップ機能を必要とする企業ほど、月額料金が高くなる傾向があります。

また、オプション機能の有無によって、料金体系が異なる場合もあります。

必要な機能に応じた適切なプランを選び、必要な場合は追加料金を支払ってオプション機能を利用することが重要です。

企業が選ぶべきオプション機能は、セキュリティや効率化の面で業務に直結するものを中心に考えると良いでしょう。

当サイトでは、機能面で外せない機能をチェックした上で、貴社の使用想定ユーザー数を入力することで希望する機能を持つ各クラウドストレージの簡易的な見積もりを出しています。

導入に際して参考になさってください。

必要な機能から選べる
法人向けクラウドストレージ絞り込み検索