ワークスペース機能

目次

ワークスペース機能とは

ワークスペース機能とは、複数のユーザーが同じプロジェクトやファイルにアクセスし、共同で作業を行うための機能です。

通常、クラウドストレージでは、ファイルをアップロードしたり、ダウンロードしたりすることができますが、ワークスペース機能を利用することで、複数のユーザーが同じファイルにアクセスし、編集やコメントのやりとりを行うことができます。

ビジネスチームが同じプロジェクトに取り組んでいる場合、ワークスペース機能を使って、複数のユーザーが同じファイルにアクセスして、編集やコメントをすることができます。

これにより、コミュニケーションの効率化や作業の迅速化が図られます。

また、プロジェクトやチームごとに設定することができるクラウドストレージもあり、アクセス権限や編集権限を調整することができます。

クラウドストレージに搭載される
ワークスペース機能

エクスプローラーにマウントしたドライブ

PC上でローカルドライブのように扱える。

全文検索

複数の文書(ファイル)から特定の文字列(キーワード)を検索する技術を指します。

「全文」は「全て」の「文字」という意味であり、文書(ファイル)に含まれるすべての文字情報を対象として検索する。

オンライン編集

ストレージ上で編集を行い、更新することができる。

プレビュー

ストレージ上でプレビューを表示することができる。

チャット

ストレージ上でチャットでのやり取りが可能。

非同期(ファイルレス)

ローカル環境とストレージの内容が自動的に同期されず、不要なファイルの保存を防ぐ。

ファイル共有機能が必要な企業は
どんな企業か?

  • チームでの開発やデザインを行っている企業
  • プロジェクトマネジメントを行う企業
  • 複数のオフィスや拠点を持つ企業
  • 多数の外部協力者を抱える企業
  • 複数の部署やグループがある企業

こういった企業は、ワークスペース機能によって、複数のユーザーが同じプロジェクトにアクセスし、情報共有やタスクの管理、ファイルの編集やコメントなどを効率的に行うことができます。

また、ワークスペース機能を利用することで、情報の漏洩や紛失などのリスクを軽減することができます。

機能・価格から選ぶ
貴社にあった法人向けクラウドストレージガイド

複数の人が協力してプロジェクトを進める必要がある企業や組織で必要となるワークスペース機能ですが、どういった業務進行をするのか?協力する人・企業は社内なのか?社外なのかでも必要となる機能は変わってきます。

セキュリティやファイル共有・ワークスペース機能をはじめ、クラウドストレージ導入には機能面の精査をした上で予算と合うかどうかを確認する必要があります。

当サイトでは、機能面で外せない機能をチェックした上で、貴社の使用想定ユーザー数を入力することで希望する機能を持つ各クラウドストレージの簡易的な見積もりを出しています。

導入に際して参考になさってください。

必要な機能から選べる
法人向けクラウドストレージ絞り込み検索