法人向けクラウドストレージ導入ガイド クラチョイ » クラウドストレージ導入の主な目的

クラウドストレージ導入の主な目的

ファイルサーバーのクラウド移行

法人向けクラウドストレージを導入する主な目的の1つは、従来のファイルサーバーをクラウド上に移行することにあります。

ファイルサーバーは、管理が煩雑であったり、バックアップの取得やアクセス制限が難しい場合があります。

しかし、クラウドストレージに移行することで、データのバックアップや管理が簡単に行えるだけでなく、リモートアクセスも容易になります。

また、ストレージ容量の拡張も簡単に行えるため、データ増加に対応することも可能です。

ファイルサーバーのクラウド移行について
詳しく見てみる

脱PPAP

「脱PPAP」とは、PPAPという方法を用いずにファイルの送受信を行う取り組みです。

PPAPは、「Password付きzip暗号化ファイルを送り、別のメールでそのzipのパスワードを送る」というセキュリティ対策の手法であり、ファイル送信に利用されます。

しかし、「PPAPは意味がない」とも言われており、その理由として、zipファイルとパスワードを同一経路で送信してしまう点や、zipファイルの暗号化解除が容易である点が挙げられます。

ここでは脱PPAP実現のためのファイル共有手段として、クラウドストレージを紹介していきます。

クラウドストレージで実現できる
脱PPAPについて詳しく見てみる

リモートワークへの対応

法人向けクラウドストレージを導入することで、リモートワークへの対応が容易になります。

リモートワークでは、社員が自宅や外出先から業務に必要なデータやファイルにアクセスできるようにすることが重要です。

しかし、社員個人の端末にファイルを保存すると、管理が煩雑になったり、情報漏洩のリスクがあるため、クラウドストレージを利用することが望ましいです。

クラウド上でデータを管理することで、社員が自由にファイルをアクセスし、作業を行うことができます。

また、共同作業も容易になるため、チームでの業務の効率化も期待できます。

リモートワークでも対応できる
ファイルサーバーの対応を見てみる