どこでもキャビネット

目次

画像引用元:どこでもキャビネット 公式HP
https://www.otsuka-shokai.co.jp/

どこでもキャビネットの料金

50GB 3,630円/月 50GB/10
100GB 6,050円/月 100GB/50
1TB 60,500円/月 1TB/1000
セキュア版 12,100円/月 200GB/200

ユーザー追加…10ユーザーあたり605円

ディスク追加…100GBあたり6,050円

端末認証機能(アドバンスのみ)…24,200円

オプション機能

  • 導入設計サービス…50GB 60,500円~、100GB 96,800円~、他個別見積り
  • 導入設計内容設定…24,200円~
  • Quickスキャン導入支援サービス…60,500円~
  • Quickスキャン導入設計内容設定…24,200円~

どこでもキャビネットの機能

ファイル共有機能

  • 共有リンク
    Windows版アプリで送信リンクの作成ができます。
  • 管理者でのリンクセキュリティ制限
    公式HPに詳しい情報はありませんでした。
  • Webメール
    アドレス帳を表示した状態からメールを送信でき、ファイル添付も可能です。
  • 上長承認
    ファイル送受信時に上長承認を設定しておけば、誤送信を防止できます。

ファイル共有するための機能「キャネビット」内でのフォルダ作成も可能。別途ファイルの送受信機能も利用できます。

ワークスペース機能

  • エクスプローラーにマウントしたドライブ
    エクスプローラーのファイルがWeb上のキャビネットに表示されるので、ファイル編集や更新を行えます。
  • オンライン編集
    公式HPに詳しい情報はありませんでした。

Windowsアプリ版のどこでもキャビネットを使えば、従来的なファイルサーバー同様、ファイルの編集も手軽にできます。

セキュリティ/管理機能

  • 細やかなアクセス権設定
    キャビネット、ファイル送受信、ツール、アドレス帳、名刺、設定などのアクセス権を設定できます。
  • アクセス権の一括編集
    管理者機能ページから証明書の申請や発行、更新、失効手続きを行えます。
  • デバイス認証
    クライアント証明書による端末認証を設定することで、デバイス端末を限定できます。
  • IPアドレス制限
    IPアドレス制限を設定できます。企業内だけで接続してセキュリティを高めたい際に有効な方法です。
  • 二要素認証
    どこでもキャビネットセキュア版で IDとパスワード、証明書による多要素認証を設定できます。
  • SSO連携
    公式HPに詳しい情報はありませんでした。
  • アクセス制御の個人化
    アクセス権を持つ管理者の設定を、指定したキャビネットに対して付与することができます。

WindowsPCの端末認証は証明書をインストールする方式。大塚商会のサービスなので、大塚ID連携もできます。

NASからのクラウド移行

  • エクスプローラーでのファイル操作
    Windowsエクスプローラでのドラッグ&ドロップ操作が可能です。ファイル編集時はロック状態になるため、他者による上書きも防げます。
  • 排他制御
    他の誰かと更新が重なり、どちらかの作業が無効になるのを防ぐ排他制御が備わっています。
  • 柔軟なアクセス権設定
    キャビネット単位で権限を設定できます。

Windowsエクスプローラでのドラッグ&ドロップ操作が可能。ファイル編集時、ロック状態になるため他社による上書きも防げます。

そのほかクラウドストレージとして求められる機能

  • 複合機連携
    オプションのQuickスキャンと複合機を連携すれば、スキャンしたデータを一元管理することができます。
  • 名刺管理機能
    連携した複合機で名刺を並べてスキャンすれば、名刺に記されたデータを登録できます。
  • Quickスキャンの導入支援
    エリア限定のオプションサービスとして、名刺管理などを効率的に行える「Quickスキャン」の導入支援を行っています。

名刺を複合機でスキャンして、データとしての一元管理に対応。既存の名刺データを一括登録できるのでデータ資産を活かせます。

どこでもキャビネットのサービスの特徴

どこでもキャビネットは大塚商会が展開する中小企業向けITサービスのひとつ。Windowsアプリケーションで利用できるため、ローカルドライブと同じ感覚で手軽にファイル共有ができます。

モバイル端末などはブラウザでの利用が可能。ファイル送受信はWebメールのようなUIで管理します。

複合機連携機能では、印刷物をスキャンしたデータを共有できるのも注目ポイント。名詞などOCRによるテキストデータ化も含めてデジタライズすることで、中小企業でも効率的な文書共有が可能となります。

Windowsエクスプローラーでの利用が可能。複合機連携ではペーパー資料のデジタライズにも使える、中小企業のオフィスニーズに応えるのがどこでもキャビネットのセールスポイントといえます。

セキュリティやファイル共有・ワークスペース機能をはじめ、クラウドストレージ導入には機能面の精査をした上で、予算と合うかどうかを確認する必要があります。

当サイトでは、機能面で外せない機能をチェックした上で、貴社の希望する容量・使用想定のユーザー数を入力することで、希望する機能を持つ各クラウドストレージの簡易的な見積もりを出しています。

導入に際して、参考になさってください。

必要機能で絞り込み、価格を比較できる
法人向けクラウドストレージ絞り込み検索

どこでもキャビネットの導入事例

問題の多いパスワードによる圧縮ファイル添付を削減

マーケティング会社のパラシュートがどこでもキャビネットを導入した結果、得られたメリットに関するコメントを一部紹介します。

「「ファイル送信機能(パスワードあり)」で、セキュリティ的に問題の多いパスワード付き圧縮ファイル添付を使う機会を大幅に減らすことができました。
取引先によってはメール添付で圧縮ファイルをバンバン送ってくるところもあるので、リスクをゼロにはできていませんが、低減できたのはよかったです。」

情報引用元: ITレビュー公式HP(https://www.itreview.jp/products/dokodemo-kyabinetto/reviews)

パスワード付きZIPファイルの禁止を実現できた

どこでもキャビネットを導入した不動産会社の情報システム担当者による、導入メリットのコメントを一部紹介します。

「PPAP対策として導入しました。
導入と同時に全社的にパスワード付きZIPファイルの送信を禁止したのを期に導入しました。
URLにパスワードを付けて一定のセキュリティが保たれるため、パスワード付きZIPファイルにして送信する必要がなくなりました。
また受信についても先方へアップロード用URLを発行してファイルをアプロードしてもらうことで、危険なパスワード付きZIPファイルが社内に入って来るのを防ぐことができました。」

情報引用元: ITレビュー公式HP(https://www.itreview.jp/products/dokodemo-kyabinetto/reviews)

どこでもキャビネットの会社概要

  • 会社名…株式会社大塚商会
  • 所在地…東京都千代田区飯田橋2-18-4
  • 電話番号…03-3264-7111
  • 公式HPURL…https://www.otsuka-shokai.co.jp/

法人向けクラウドストレージの
選び方について詳しく見る